スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オムロンのマッサージクッション

という事で、そんな目下大注目のマッサージクッション戦争に、あの健康機器の老舗が満を持して参戦して来ました。
後、ビジュアルに拘ったところでは、カバン型やマカロン型のマッサージクッションも人気を集めていますね。
今や日本の国民病とも言える肩こりや腰痛、これからはその改善を自力でなんとかと考える人が増えるのは確かでしょう。マッサージクッションと言えば、アテックスのルルドが年間10万台以上売り上げる大ヒット商品となっています。
業務用・家庭用を問わず、健康機器の製造と販売では、常に国内トップクラスのシェアを誇っています。
恐らく、オムロンの体重計や体温計、それに活動量計や血圧計をお使いになっていらっしゃる方は多いと思うんですよね。
ただ、厚みはどちらも15センチほどで、揉み玉は共に4個使用、15分タイマーと取り外して洗濯可能なカバー付きという事です。
あのルルドを出しているアテックスが大阪の企業ですから、正しく関西マッサージクッション戦争開始と言ったところでしょうか。
とは言え、この5万台という数字が達成出来れば、この手の商品としてはヒットした事になるそうですから、まずはここからと言ったところなのでしょう。
そういう意味では、今回のオムロンのマッサージクッションのリリースは、アテックスを初めとする先行企業にとっては、意識せざるを得ない重大ニュースのようです。
価格的にはオムロンのマッサージクッションの方が若干リーズナブルのような気もしないでもないけど、まあこれもいい勝負でしょう。
その証拠に、ルルドをはじめ、多くのマッサージクッションが、ヤングレディース向けデザインに拘っています。
後、東京のヘルス機器メーカー、ツカモトエイムでは、人気スイーツのマカロン型マッサージクッションを出しています。
ツカモトエイムと言えば、ついこの間、新しいロボットクリーナーを出して、これまた一気に注目を集めた企業。
特にオムロンは、その実績から、中高年世代に非常に人気と知名度が高い訳ですよね。
こうなると、これまで以上にマッサージクッションのターゲットが広がるに違いないと私は見ています。
それがもう少し上の年代の消費者になり、元々オムロンの健康器具を使っている人が新たにマッサージクッションを買うとしたらどうでしょうか。

マッサージクッション戦争に満を持して参戦したオムロン、その初年度の販売目標は5万台と発表されています。
因みに、ルルドマッサージクッションは、10万台売り上げる事もあるそうですから、まあ妥当な数字なのかも知れませんが、もう一息欲しいような気もしますね。
因みに、アテックスは36センチ×36センチの正方形なのに対し、オムロンは39センチ×26センチと長方形。
(毎日、健康情報を書いています!)
スポンサーサイト
プロフィール

sui3sub

Author:sui3sub
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。