スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適応障害の治療法

職場復帰した途端に適応障害が再発し、再び治療生活という事になる可能性も高いのです。
当然、カウンセリングが主体で、後は適度な運動によりストレスを発散させ、体力を付けるという治療法もあります。
そのため、本人ではなく、家族や職場の人間が適応障害の治療を受ける事が大事なんだとかと言う専門家も多いのですが、現実問題、それは難しいでしょう。
やはりじっくりとカウンセリングを受け、ストレス耐性を上昇させるという地道な治療なくしては改善は望めないのです。
治療という言い方は変かも知れませんが、まあようするに、ストレス因子の除去や軽減と言った環境改善が必要だという事ですね。
確かに、会社としては人事異動や転勤などの対処を取る事は出来るかも知れません。
ただ、それは便宜上必要と思われなければ行なわれない対処であって、適応障害の治療の一環として進んで実施されるなんていう事は、今の日本ではまずないでしょうね。
確かに治療の一環として抗うつ薬や抗不安薬、あるいは睡眠剤などが用いられる事もしばしばではあるんですよ。
それに、もたもた治療を続けていると、さらに悪化し、鬱病に進行して行く可能性も低くはないので要注意なのです。

適応障害の治療に専念するためと称し、休職や休学を申し出る人も大勢います。

適応障害は外的ストレスが要因になっている事が圧倒的多数ですからね、本人だけでなく、周囲の治療が必要な部分も否めません。
ただ、適応障害の治療全般においては、単に回避の一環に過ぎず、それで治るというものではありませんよね。
加えて、周囲の人たちに適応障害を正しく理解し、正しく受け入れてもらう事も大事でしょう。
そういう面では、間違いなく適応障害の治療は、沢山の人々を巻き込むものと考えられますし、いささかはた迷惑な事は否めません。
けれど、こうした精神疾患は、中途半端に治療したり、放置しておいたりすると最終的には自分で自分の人生に終止符を打つところまで行ってしまう事も大いに考えられます。
それに適応障害は明日は我が身かも知れないという事も踏まえ、関連のブログやサイトからいろいろ学習してみましょう
(毎日、健康情報を書いています!)
スポンサーサイト
プロフィール

sui3sub

Author:sui3sub
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。