スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おきゅう痕を残さない方法

そもそも、おきゅう痕は火傷の痕ですから、火傷を防げば良いのです。
ツボを刺激して血行を改善し、体を健康にしてくれるおきゅうなのですが、火傷の痕が残ったら恥ずかしい思いをしてしまいますよね。おきゅう痕になったらイヤという理由で、しない人も多いとか。
熱いと感じたらずらす、熱いと感じたら外すということで、おきゅう痕を作らずに済みます。
インターネットで自宅近くの鍼灸院を探し出し、そこでおきゅうをしてもらうようにすれば、通いやすいでしょう。
ですから、おきゅう痕には充分注意をして、上手に取り入れて欲しいと思います。
おきゅう痕が残ってしまっては、女性などは更衣室で着替えるときに恥ずかしい思いをしてしまいます。

おきゅう痕が残らないように施術してくれる鍼灸院もあるようです。
だからといっておきゅう痕が残らないというものでもなく、低温火傷によって痕が残る場合もありますから、取り扱いには充分注意が必要でしょう。
火を使わないおきゅうもあるようですから、安全に使うことができるでしょう。
インターネット上には、自分でおきゅうをすることのできるアイテムも販売されています。

おきゅう痕を気にしないで、手軽に使えば、冷え性を改善したり、生理痛を改善したりすることができるようです。
おきゅうでツボを刺激すると、その刺激が中枢神経に伝わり、中枢神経に伝わった刺激が末梢神経にまで伝達されるので、血行が良くなります。
血行が良くなれば様々な症状を軽くすることができるので、おきゅう治療が行われるのです。
おきゅう痕は、技術によるところも大きいようなので、鍼灸院に行って施術してもらうのも良いと思います。
(毎日、健康情報を書いています!)
スポンサーサイト
プロフィール

sui3sub

Author:sui3sub
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。