スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘビに群がるマダニの群れ

マダニとヘビ、ああ、聞いただけでも気持ち悪くなりそうで、絶対に想像したくない光景ですよね。
もう嫌、絶対信じらんな~いと思ってしまうのは私だけでしょうか。
平均10日から2週間住み着き、その間に1リットル以上の血を吸うそうですよ。
つい先日、海外のとあるテレビ局が放映したという一つの画像が話題を集めていました。
そう、原理はほ乳類に対してもは虫類に対しても同じだという事なんですね。

マダニは主にほ乳類の皮膚に噛みついて吸血すると思われていますよね。
ヘビやトカゲなどのは虫類をペットとして飼う人が増えていて、新たなマダニ問題になっているのだそうです。
それがマダニのように実に小さい生物であるというのは、少々面白くは思いますが、やっぱり余り想像はしたくないなぁ。
まあそれ以上に、私はヘビがとにかく苦手なので、草むらには絶対に近付かない事にはしています。
さらに、マダニの生息域である草むらは、ヘビたちにとっても最もメジャーな生息域です。
実際、ごく稀にですが、動物病院に担ぎ込まれて来るヘビの何割かは、そうしたマダニの被害者になったものだそうですよ。
当然、私たちはヘビに噛まれる事をとても恐れますが、彼らにも怖いものはある。
そういう光景を目にすると、やはりマダニに対する恐怖感は否めません。

マダニは人や動物の血を吸う事によって、まるまる太って巨大化して行きます。
勿論、一気に抜かれる訳ではないので、まあ何とか命を保ててはいるのでしょうけれど、ヘビの体の大きさを考えると、これは本当に恐ろしい事ですよね。
しかも、犬や猫の毛の中に潜むのと同じように、マダニたちはヘビの鱗の隙間に忍び込み、血を吸いながら生息しています。
でも、これからアウトドアのシーズンを迎えるに当たって、今一度マダニ対策を関連のブログやサイトで確認して、しっかりと確立しておきたいと思いますね
(毎日、健康情報を書いています!)
スポンサーサイト
プロフィール

sui3sub

Author:sui3sub
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。