スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臓器移植コーディネーター

臓器移植に関しては、受ける側と提供する側を取り持つ重要な働きをする、コーディネーターという存在がいます。
非常に専門的な仕事で、臓器移植コーディネーターは、ドナーの家族に説明をして承諾を得なければならないので、大変な仕事です。
また、移植チームとの調整も臓器移植コーディネーターが行い、移植を希望する患者登録やデータ管理も行います。
そして、臓器移植コーディネーターの目的は、移植医療の普及啓発をしていくことにあります。
医師や看護師、薬剤師などの医療従事者の資格があれば、臓器移植コーディネーターになることができます。
移植ネットワークが臓器移植コーディネーターを養成するのですが、特定の資格というものではありません。
そして、家族への説明や承諾の意思確認などを臓器移植コーディネーターが全て行うことになっています。
救急病院などから臓器提供者の情報を受けると、臓器移植コーディネーターは、移植希望者に対して、移植提供の作業を完了するまで手配します。
また、実際に臓器を運んだり、移植後もドナーの家族への報告を臓器移植コーディネーターはしなければなりません。
基本的に、臓器移植コーディネーターになるには、国家医療資格を持っていることが必要ですが、言語聴覚師の資格でもかまいません。
応募に関しては、臓器移植ネットワークの公式ホームページにて、不定期で実施されています。
つまり、臓器移植コーディネーターになるには、セミナーなどの講習会に積極的に参加して勉強する必要があります。
また、臓器移植コーディネーターの採用に当たっては、小論文と筆記試験があるので、誰もが合格するわけではありません。
ただ、臓器移植コーディネーターという職業は、批判にさらされることも少なく、やる以上はそれなりの覚悟が必要です
(毎日、健康情報を書いています!)
スポンサーサイト
プロフィール

sui3sub

Author:sui3sub
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。