スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京大学で研究が進む癌ワクチン

この記事だけを見ると薬害エイズ事件のように癌ワクチンを考えてしまいそうなのですが、実際は少し異なります。
癌ワクチンは、手術や抗がん剤、放射線療法などと並ぶ治療法として期待されています。
つまり、元々身体の中にある免疫細胞の力を癌ワクチンでさらに促進する治療法ですね。
実際には現在も癌ワクチンの研究は東京大学医科学研究所などで進んでおり、停滞していることはないようですね。
ただし、同じタイプのペプチドを投与する必要があるため、現在、多くの人に合う癌ワクチンの開発が東京大学などで進められています。癌ワクチンの中でも、ペプチドワクチンの研究で知られているのが東京大学です。
これは、東京大学医科学研究所で癌ワクチンの臨床試験中に患者の消化管出血があり、それを提供先である病院に伝えていなかったという記事です。
実際にはこのような事例は初めてというわけではなく、以前にも癌ワクチンの投与で消化管出血があり、関係者の間ではすでに共有された事実でした。
癌患者の今後の治療にとって希望となるであろう癌ワクチンが世論に訴える力の大きい新聞によって妨げられてしまうと、治る癌患者も治らなくなってしまいます。

癌ワクチンの東京大学医科学研究所でのこの問題は、記事を読んでも、私たち一般人が理解するには少し難しいような気がします。
ただ、気になったのは、この記事が元で癌ワクチンの研究が停滞してしまうのではないかということです。
この癌ワクチンは、癌細胞の表面にあるペプチドと同じタイプのペプチドをワクチンで体内に投与することによって免疫細胞の働きを活発にします。
また、東京大学医科学研究所では使用した癌ワクチンの種類が違い、共同研究ではなく独立した研究のため、報告の義務はないとしており、厚生省も支持しています。
東京大学医科学研究所などでの癌ワクチンのさらなる研究、開発が期待されます
(毎日、健康情報を書いています!)
スポンサーサイト
プロフィール

sui3sub

Author:sui3sub
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。