スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アテローム動脈硬化症の症状

動脈硬化症には、アテローム性というものがあるのをご存知でしょうか。
血管内膜の下に入ったコレステロールが、マクロファージに捕食されて、その死骸が蓄積することでアテローム状になることで、アテローム動脈硬化症と呼ばれています。
総コレステロール値が高くなると、アテローム動脈硬化症になりやすいので、心臓発作、脳卒中になることも危惧されます。
アテローム動脈硬化症は、初期の段階においては、自覚症状がないのが特徴です。
そして、アテローム動脈硬化症は、脳梗塞や心筋梗塞などの大きな病気を引き起こす原因となると言われています。
要するに、血管のしなやかさが失われた状態になることから、起こるようです。
血液検査で数値が高い場合は、アテローム動脈硬化症になる可能性が高いので、そのまま放置せずに、食事療法など、生活改善をしていく必要があります。
高血圧や高脂血症、糖尿病などにかかっている人については、当然、その治療も必要になります。
長い期間の間に、アテロームという脂肪性の沈着物が動脈の内側に溜まるのが、アテローム動脈硬化症です。

動脈硬化症の中のアテローム性は、高脂血症、糖尿病、高血圧、または喫煙などの危険因子から発症するのです。
高脂血症と同様に、アテローム動脈硬化症は、自覚症状がないまま、改善策をとらずに放っておくと、最終的には、血流が詰まってしまいます。
症状が悪化すると、冠動脈疾患や脳血管疾患、末梢動脈疾患になることがあるので要注意です。
アテローム動脈硬化症は、血液中の総コレステロール値の上昇によって、その危険性が高まります。
生活習慣の見直しや、ストレスの解消などが動脈硬化症の予防に大切になります
(毎日、健康情報を書いています!)
スポンサーサイト
プロフィール

sui3sub

Author:sui3sub
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。