スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛対策と椅子

腰痛対策を考えたい私、思い切って、腰痛対策に特化した椅子が欲しいんですけどっと、社長に訴えてみました。
後、レバーが下部に付いているので、少々面倒ではあるけど、若干リーズナブルという意味で、バロンも悪くはないでしょう。
そう思って、早速腰痛対策に特化した椅子探しに勤しみました。
やはり、長時間同じ姿勢で座る事が一番の腰痛の原因、こまめに姿勢が変えられる椅子の方がいいに決まってますよね。
となると、手元で簡単に椅子の高さや背もたれの角度が調節出来るオカムラのコンテッサなどは、最高の腰痛対策チェア。
すると、腰痛対策に特化したいすとは、どんな椅子かを明確にして、一度提示しろと言われたのであります。
という事で、今回私が導入を希望した腰痛対策チェアは、この2種類です。
もし、本当に正しい姿勢で座る事が身に付いていれば、少し位、椅子が悪くても大丈夫。

腰痛対策は、何も腰痛対策に特化した椅子に拘らなくても十分出来るだろう。
むしろ、クッションの良すぎる椅子よりは、片目の椅子の方が、腰痛対策になるらしいぞっと、今度は社長が逆襲して来たのであります。
確かに、椅子を選ぶのと同じ位、正しい姿勢を身に付ける事も大事な腰痛対策です。
どこのどんな椅子でも、常に腰痛対策が施せるようになるはずです。
そこで、今度は、正しい椅子の座り方を勉強してみる事にしました。
すると、やっぱり、腰痛対策を考えるのであれば、絶対に前屈みにならなくてもいいような高さの椅子に座る事が大事なんですね。
この理屈だと、腰痛対策を考えるのであれば、低めのやや小さな椅子の方がいいという事になりますね。
それに、常に膝を少し上げた状態で真っ直ぐに伸ばして座るのって、すごく疲れちゃいそう。
それにね、例え高級な椅子でお仕事していなくても、背筋を真っ直ぐ伸ばして、ブラインドタッチでPCを操作していれば、それはそれで案外恰好いいもの。
で、余り深い椅子もNG、常に背もたれに真っ直ぐ背中を付け、膝がお尻よりもちょっと高めに来る程度が理想なのだそうです。
でも、腰痛対策に特化したブランドチェアを一人一人に与えてくれる会社なんて、実際にはまだまだ少ないでしょう。
腰痛で悩んでいる人は多いから、健康関連のブログやサイトには、それなりに沢山の情報が掲載されています。
流石はうちの社長、やっぱ私みたいなぺいぺいOLから見ると、一枚も二枚も上手です
(毎日、健康情報を書いています!)
スポンサーサイト
プロフィール

sui3sub

Author:sui3sub
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。